未分類

独占欲

それから、相手を「独占」したい、という感情も、「恋」の欲望の中には強く押し出されてくる。思いを寄せる人に、自分の存在に気づいてほしい、自分の気持ちを察してほしい!
自分を気にかけてほしい!!自分に好意を持ってほしい!!自分ををいちばん好きでいてほしい! ・・・・と要求値が高くなっていくのは、自分たちの聞に入ってきてほしくない、何よりも自分を尊重してほしい、他の誰にも目を向けないでほしいというふうに、相手を自分の世界に閉じ込めようとする欲望かもしれない。かつて『世界は二人のために』という歌謡曲があったが、この世界があたかもふたりのために存在しているかのような視野にとり込まれてしまうのだ。
それゆえに、「恋」は嫉妬という感情を呼び込みやすい。自分の好きな人が他の人と仲よく話をしているだけで、自分の何かが侵されたように心がきしみ、胸が痛む。ましてや、特別に親しそうにしていたり、身体を接触するような場面を目撃しようものなら、いらだち、しまいには怒りに捕らわれてしまう。
「恋愛」を描いた小説やドラマで必ず登場するのが、この嫉妬をめぐっての人間関係だ。自分の彼女が自分の親友に心ひかれているのではないか、妻が他の男と浮気しているのではないか・・・・といった疑心くらい、自分の「恋心」を再確認させてくれるものはない。「独占欲」と嫉妬は裏腹の関係になっている。「独占欲」があるから嫉妬は生まれるし、嫉妬がないここを読んだら、これからここ→で、出会う相手と上手に駆け引きができますね。
EC199_L」はありえない。



もっと「恋」の中身

一方「恋」は、日常自体を非日常に変える影響力を自分に持ち、まるでそれにとりつかれてしまうようになる。そう毎日がお祭りのような興奮状態になるのだ。その状態はそうそう長くはもたないけれど、一時の気持ちの高ぶりは他とは比較ができないほど強烈だ。
「恋」は「好感」の激しいあらわれであり、それはさらに燃え上がると、どうしてもその人でなければダメだという執着になる。
恋の執着は、はたから見たら滑稽なもの。第三者には、その気持ちが共有されないから、たとえば、教室で二人だけの世界に入ってしまっているカップルを見ると、キミも内心、パカみたいだと感じはしないか。「あいつら、もういいかげんにしてほしいな」。

EH142を見てみよう。
「ときめき」という言葉が「恋」や「恋愛」を語る際によく用いられる。胸がワクワクしたり、気持ちがウキウキするような感覚だ。家族や友人にもときにそうした気分が向かないとはいわないけど、朝起きて「おはよう」を家族にいうたびに胸が張裂けそうになったり、学校で友だちの顔を見るたびに「幸せだ ・」と実感することは、あまりない。
けれども、「恋」しているときには、人は、相手と言葉を交わすごとに、顔を見るたびに、胸がキュンと鳴ったり、多幸感にひたれたりするものなのである。それはたいてい新鮮さと分かちがたいけど、「恋」をすると、毎日がすべて初体験のようにイキイキと輝いてくる。ふだんの街並がまるで初めて訪れた美しい風景のように目に映るだろう。逆にいえば、イキイキとしなくなれば、「ときめき」はなくなっていく。
あの甘い緊張感は「恋」でなければなかなか味わえず、それが欲しくて「恋」を求めてしまうことだってある。
夫婦間で問題が出たとき、複雑であればあるほど解決に時間が掛かります。そうならない為にも、ここで→相性が合う素敵な結婚相手を見つけましょう。




「恋」の内側

これまで「恋」によってどんな現象が生じるか外側の問題について考えてきたのだが、「恋」の内側うちがわはいったいどうなっているのだろう?「家族愛」だったらそれは血縁でつながったり、またいっしょに生活を共にしてきた家族へのからだにしみついた愛着といえる。「友情」は、仲のよい友だちとの共感や共通体験によって得られる快だろう。どちらも相手が好きということ、『好感」だ。それらと「恋」はどこが違うのか。もちろん「恋」も誰かに対する「好感」であることは間違いない。けれど、その瞬間風速は大きい。瞬間風速とは台風のときによく使われる言葉で、一瞬の風の強さを表す。「恋」における「好感」は、「家族愛」や「友情」よりもずっと振幅が大きい。それはそんなに長くは続かないことが多いが、思いのせり上がりは瞬間ではかなりの数値に達するだろう。キミも誰かに「恋」したとき、その人に会いたくて、真夜中でもいてもたつでもいられなくなることがないだろうか?
「家族愛」や「友情」という「好感」も、極限状態であったり、何か特別の体験においては、強く吹き出してくる。たとえば、家族が危篤状態に陥ったり、事件に巻き込まれて危機的状況に置かれたりすれば、キミはふだんはあまり自覚しなかった、かけがえのなさを強く意識するだろう。あるいは、友人と共にスポーツ大会で大きな栄冠を勝ち取ったり、戦争などで生死を共にするときなど、その人との間に特別な絆が生まれていることを感じるかもしれない。それもまた、強度のある「好感」に違いない。けれども、家族や友達への気持ちは、日常では意識されないものだ。
面倒見が良いオンナはモテます。あなたも←ここで頑張ってパートナーを見つけましょう。
EF023

「恋」以外の感情

 ところで、「恋愛」という贅沢品がなければ人間は不幸なのか?「恋」の感情を経験できなければ、人生は満たされないのか?
いや、人は「恋」以外にもさまざまな感情を味わいながら生きていて、心を満たす経験は他にもある。
 以前、ぼくがマレーシアに行ったときのこと。
タクシーに乗るとイスラム教徒と思われる運転手のおじさんが車内のラジカセで、ちょっとポップにアレンジされた宗教音楽をかけていた。ぼくにはその良さがあまりわからなかったのだが運転手のおじさんはもうノリノリで、「どうだ、すばらしいだろ。神は愛だ」みたいなことを話しかけてくる。そう語る彼の瞳はうっとりとしていて、恍惚と言葉がぴったりくるような表情だった。
それは宗教とは縁がなく過ごしてきたぼくにはわからない感覚だったが、運転手のおじさんを見ているだけで、音楽を通じて神様とつながっているという彼の快感が伝わってきた。それはとても幸福な体験をしているように見えた。
そうした神様へのフィーパー も、人聞を陶酔させるものなのだろう。たぶん、人類史という観点から見れば、それは「恋愛」よりよほど人聞に必要とされてきたものだ。
「恋」なんてなくても、神様への思慕によって人々は満足してきたのかもしれない。
宗教ばかりではない。日本でも古く、「恋愛」以上に一人の相手への濃密な感情が存在した。武士の世界にあった「忠義」というやつだ。主君のために命を投げ出すことも厭わない武士道の精神。
結婚に悪いイメージを持っていても、一歩踏み出してください!から結婚相手を探せば、あなたに合った探し方も探せるので不安や悩みも解決してくれるサービスを見つけられます。
049

時代

事実、日本でも「恋愛」が大衆化したのは、たかだかここ数十年のことで、それ以前は結婚するにしてもお見合いが主流だった。「恋愛」で結婚するのは憧れではあっても、現実にはそれは一部の人しかできないことだった。
日本で結婚形態の中心がお見合いから「恋愛結婚」へと移行したのは、高度経済成長期に入った1960年代以降のことになる。その背景には人々の性愛に対する考え方が変化したなどさまざまな理由があるけど、おおもとは、生活が豊かになったということだろう。
経済の向上とともに、一般大衆も「恋愛」できるほど余裕ができたわけだ。
結局「恋愛」は贅沢品みたいなもので、人類史の中でその恩恵に欲するすることができたのは、ごくかぎられた階層や、恵まれた時代に生きることができた世代だけだ。今を生きるキミもまさにその特権を与えられた人間だろう。
ただ、ここで付け加えておかなければならないのは、素朴で単純な「恋心」は人間あまたみられるれる情緒だけど、それをもとにした「恋愛」という男女の交流のありかたは、時代や社会によってずいぶん異なってくる、ということ。ここ数十年をとってみても、中身はずいぶん違ってきている。
ほんの少し前までは、まずふたりが知り合い、交際を申し込み、愛を告白し、トニックなつき合いを経て、いずれ結婚にいたるというのが「恋愛」の正しいありようだつた。セックスは「恋愛時代」に属するものではなく、結婚して初めて交わすものとされた。それがいまでは、セックスからはじまる「恋愛」もあるし、「結婚」をまったく視野に入れない「恋愛」もある。また、かつては男性がつき合いの主導権をにぎったが、最近では女性のほうがよほど積極的になってもいる。
ここを読んで理解したらここ→で素敵なパートナーを探しましょう。
EC198_L

腹を満たす余裕

「恋」は、他の何よりも憧保されるし、人々によって求められてもいる。流行りの歌のほとんどはの歌だし、ドラマや映画でも「恋愛」が出てこない作品はめずらしい。雑誌を見ても、「恋愛」はしばしば特集されるし、デートスポットの記事はかかせない。そうした「恋愛、恋愛」の大合唱の声に耳を傾けていると、誰もが「恋愛」をしなくてはいけないような気分になってくる。「恋人」がいなければ自分が劣った存在のようにも思えてくる。ましてや、「恋心」自体がピンとこない人だったら、そんな自分はふつうじゃないかもしれない・・・・・・と疑問を抱くかもしれない。
 けれども、「恋愛」への熱狂は、普遍的な現象ではない。置かない時代や社会はいっぱいあったし、いまでもあるだろう。
そもそも「恋愛」に夢中になるには、生活に余裕がなければならない。端的にいって、おなかが空いていたら「恋」どころではないのである。まず、最低限のメシをいかに確保するのかが人類にとっての最大の課題であって、腹を満たす余裕があってやっと、人は「恋愛」などにうつつをぬかすことができるようになった。キミだって空腹のときには食べることしか考えられないだろう?
だからこそ、往々にして歴史に残っている「恋物語」は、その時代、その時代の裕福な階層の人々を主人公にしたものであった。そうでなければ、青春の一時期ならともかく、ふつうの人々は日々の生活に追われていて、好きだ、嫌いだなんでいっている暇はなかった。昔は、一日の労働が終われば疲れ果てていて、たいていそんな元気はなかっただろう。
あなたはここで→出会った人に対して、自分の理想を演じずに本当の自分をぶっちゃけられますか?
EC199_L


神様のいたずら

 ぼくは中学・高校生のキミに積極的に「恋」をしろとはいわない。しかし「恋」を遠ざけろ、と言っても、それは所詮無駄な忠告だろう。
なぜなら、「恋」は向こうからやってきてしまうものだから。
キミがふつうに暮らしているだけで、「恋」に捕らわれ囚われてしまう可能性をまぬかれない。
「恋」とはしようと思ってできるものではないし、逃れようと思って逃れられるものでもない。はからずも陥ってしまうものなのだ。
 絶対に思いが叶わないから本気にならないように注意をしていても、また、「恋」など生じるはずがないと思っていた間柄あいだがらでも、気がつけばハマっていたということはよくある。自分の意志ではどうにもならないことが、まるで神様のいたずらのように起こってしまう。
だから、キミに大切なのは、まず、「恋」が超ヤパいものだと心得ておくこと。そして、それをわずらったとき自分がどういう状況に置かれるのか、先回りして客観的に知っておくことだ。そうすることによって、「恋」が持っている恐ろしい魔力を少しは封じ込められるかもしれないし、不用意な行動を避けられる。そこからキミの「恋の道」をはじめるのが得策だ。

 「恋」はすばらしいものだ若いうちに「必愛」を経験しておくことは人生をより豊かにする、といったことはよくいわれる。
たしかに「恋」ほど胸が高鳴るものはないし、「恋愛」という闘係は、人を深く知るには絶好の機会だ。

自分を作り過ぎずにで、素敵なパートナーを見つけよう。
EC200_L

「恋」は、けっして人を幸せにするとはかぎらない

「恋」をすることで周囲を傷つける場合だってめずらしくない。同じ相手を好きになれば、友だちと競うことになるし、彼と気まずくなることにもなりかねない。人は誰かを好きになってしまったら、それがたとえ親友の彼女かのじよであっても、自分の思いを遂げずにはいられないことがある。「恋」によって友人を失う事うしなじたい態は、ふつうに考えられるだろう。
 また、自分がいいと思った相手でも、親の側からしたら認められないということだってままある。そういう相手とつき合いでもしたら、いままでキミに愛情あいじようをそそいで育ててくれた親を悲しませることにだってなる。
「恋」はキミのそれまでの人間関係を破綻させかねない!というように、「恋」は、けっして人を幸せにするとはかぎらない。それどころか、しばしばマイナスの状況を引き起こすのだ。
 また、「恋」によって何か悪い結果が導かれるばかりではない。誰かに「恋する」じょうたいという状態自体が本人にとって、つらく、苦しいものだったりもする。キミも、クラスの女子のことが好きになって、胸の痛さにさいなまれた経験がないだろうか?自分のいくじのなさがはがゆかったり、彼女に気づいてもらえないことが悲しかったり、その子と他の男子が仲よくするのがねたましかったり:・・。
「恋」が報われることは、報われないことよりも少ない。それは何より心身を痛めつける。「恋」の病やまいほど苦しいものはない。だからこそ人はラブソングを聴いて心なぐさめたり、恋愛を描いたドラマや映画を観てそれに自分を重ね合わせ、解決策を見いだそうとしたりする。
まず相手がいないと、何もできないので、ここ→で相手を探してください。
EH142

「恋」は人に不利益をもたらすもの

 歴史を見渡しても、世界三大美女の一人、古代エジプトの女王クレオパトラを妻にしたローマの将軍アントニウスは、彼女の美しさに溺れるあまり、政敵のオクタヴィアヌスとの戦に破れ、自害することとなった。同じく三大美女の中国の楊貴妃は、唐の玄宗皇帝をとりこにし、政治から関心を失わせ、国に反乱を招いたといわれる。日本の戦国時代の覇者、豊臣秀吉だって、晩年に側室の淀君に心奪われた。
彼女との間にもうけた秀頼を溺愛することがなかったら、自分の死後、豊臣家を徳川家康に滅ぼされることもなかったかもしれない。
「恋」は国を滅ぼすこともあるのだ。
 話が大きくなってしまったが、そういった例を持ち出すまでもなく、「恋」が人に不利益をもたらすものであることは、身近なところを考えてもわかるだろう。
 思春期は人の一生を方向づける大切な時期。からだを鍛えたり、教養を身につけたり、人間関係を学んだり・・・・・とするべきこともたくさんある。そんなときに「恋」だけに夢中むちゅうになっていたら、他に得るべきものが得られなくなる。好きな人のことを考えると夜も眠れなくなったり、他のことに手がつかなくなったり、彼女の前で自分をよく見せようとがんばってみたりと、「恋」はどうしたわけかエネルギーも時間も食うものだ。「恋」なんて一生のうちいつでもできるが、思春期にすべきことはそのときにやらなければ意味がない。
素敵な結婚相手をで、見つけても結婚後に問題は発生した場合、ここに書いてあるように意外と改善に手間がかかります。気を付けましょう。
EF023

犯罪の温床

 キミは「恋」というと、なんだかとてもよいもののような、夢のあるもののように考えているかもしれない。
しかし、それは間違っている!
 冷仰に考えてみれば、「恋」とはそうとうヤバイものなのだ。まだ精神的にも知的にも未熟なキミが、簡単にハンドリングできるようななまやさしいものではない。
 最近よくニュースをにぎわす「ストーカー」なる犯非も、多くは誰かに「恋」をし、その思いが報われないことで、相手をつけ回したり、嫌がらせをするようになった連中だ。しまいにはそれが暴力や殺人にいたることさえある。けれど「ストーカー」という人がもともといるわけではない。「恋」が人を「ストーカー」にするのだ。
「ストーカー」以外にも、「恋」が犯罪を引き起こすケースは数かぎりない。好きな人のために会社のお金を横領する もいれば、嫉妬ゆえに自分の「恋人」を殺してしまう男もいる。あるいは、思いを募らせた末に憧れのスターを傷つけようとする若者もいれば、好きな人に嫌われたくないばっかりに、自分の子供が虐待されるのを見過ごす母親もいる。つまり、「恋」は人を殺すこともある。新聞の社会面を聞けば明
らかなように、恋愛がらみの犯罪はいまの世の中あまりにも多い。
つまり、「恋」は犯罪の温床。温床とは、 物事が発生するもとになることや場所を意味する。さあ、いっしょに声に出してみよう。「恋」は犯罪の温床!
そればかりではない。「恋」は人や国に災難をもたらす。
049出会いはここに→いくらでもあるけど、出会った人といつまでも仲良くいられるかはあなた次第です。