恋愛の対象

このことが何を意味しているのかというと、人はフェロモンのような物質で性的にひかれるのではなく、自分の視覚や聴覚で相手を男と女にか寂して、その上で「恋安」の対象にしているということ。それも鮫京総のうちに、だ。みんな誰かを見たときに、一瞬でその人を男か女に分けてとらえることをやっている。
だからこそ、ぼくの友人のように、相手の性染色体が女性である でなくとも、せいてんかんしゅじゅつぜいベって ごうしゅじゅっ性転換手術(いまは性別適合手術といわれることが多い)を受けていなくても、その-だせいてきよ〈ぼう「女性」に好意を抱くことも、性的な欲望をふくらませることもできるわけだ。
コミュニケーションは大切です。←で、出会った結婚相手であってもコミュニケーションが出来ていないと幸せな時間は長くは続きません。

かれかのじよぜいせんしよ〈たいだんせいに、もし、彼が「彼女」の性染色体が という男性本来のものだと知っても、「彼女」のことを女性だと思えるのならば、その「恋」はどうなっていたかわからない正確にいえば、キミは女性に恋する、のではなく、女性だと思った相手に恋していることになる。誰も、相手の性染色体や服で隠されている性器の性別を調べてから「恋」するわけではない(そんなことしたら変態だと非難される!)。勝手に相手の性別を女だ男だと思い込んで、「恋」に陥るのだ。それは相手が の「女性」(実際にじっさいかれは、彼の気持ちが引いてしまったみたいだけど)。
ハlフ( )の「女性」であってもいっしょ。
生物としての物質の作用があるにしても、
だとすれば、の第一歩は、その性別を意識することからはじまっているといえる。
EH142