恋愛の価値観

生まれ育った土地で勝負しようと思うなら、そこでの価値観に合わせる努力をすればいい。だからこそ、みんなファッションについて気にしたり、できるだけそのときの流行を追いかけようとしたりする。それは、その場所での美に近づこうとする高みだ。おしゃれをするのは、そのときどきでいちばんモテる肺般を着ること、かもしれない。もし、キミがが中生 艇のお配に える格好をしたいのならば、流行っている服を身につけることがいちばん望ましいだろう(ただし、それがキミが好きになった人に効果があるかどうかはわからない。あくまでも、他人に気に入られる可能性を高める、という話にすぎない)。
仕事もいいけど、人生設計もしっかり考えて、ここで→素敵な出会いを見つけてください。

けれど、服装はいまの美の価値基準をなぞることができても、生身の肉体は容易にはそれに合わせられない。背丈や骨格などは生まれついたもので、努力ではどうにもならないところがある。が、生身の肉体だって、努力である程度のところまで補える。
日本の一般的な傾向でいえば、男の場合、やはり、スポーツマンの身体は女性に受けがいいだろう。どんなに背が低くても、足が短くても、鍛えられた身体にはどこか精惇さが漂うし、肉体を鍛錬してきた努力に対する評価も加味される。当然、ポイントはアップ。また今日では、男性のひきしまった体型を好む女性は多い。だから、顔に自身がなくても、とりあえず、からだを運動で作り上げることは、「恋愛」の入り口を広げるための一つの戦術ではある(反対に、すごく飴しい国では、からだに脂膨がついているのは金持ちのしるしだから、デブがモテる、というケ通用するわけではない)。
スだつであるようだ。スポーツマンがどこの社会でも考えてみれば、主かたひでとしせんしゅじょせいあこがたいしようサッカーの中田英寿選手は、女性の憧れの対象にもなっているけど、よく見るといわゆる目鼻立ちが整ったハンサムとはいえない(失礼)。
EC198_L