美容液で乾燥肌対策~保湿美容液

乾燥肌の方が増えてきているようです。
乾燥肌の方にとってはもちろんですが、美しい肌をつくる上で欠かせないのが保湿です。

乾燥している肌には水分補給として化粧水を使われていると思いますが、
化粧水だけでは保湿効果は十分に得られません。

化粧水によって補給された水分を保ち、かつ必要な栄養、保湿成分を肌に与えるのが美容液です。

保湿の成分としては、
セラミド、ヒアルロン酸、エラスチン、コラーゲンなどが知られています。
中でも最近特に人気が高いのがセラミドが配合された美容液です。

セラミドは角質層に存在する細胞間脂質の約50%を占めています。
親水性が高く、水分を抱え込むことができるため、
保湿には欠かせない成分です。

また、ヒアルロン酸は1gで6リットルの水分を抱え込むことができると言われています。
同時に栄養や酸素を運ぶ水路としての役目も果しています。

セラミドやヒアルロン酸、エラスチン、コラーゲンなど今挙げた成分は、
保湿に欠かせないものなのですが、残念ながら、加齢などで減少していきます。
生活習慣によっても少なくなってしまいます。

保湿ケアは、これらの成分が配合された保湿美容液を選び、
化粧水で補給した水分を保持しつつ、しっかりと保湿してあげることが必要となります。

シミを撃退~美白美容液

白く美しい肌を手に入れたい女性に人気の美白美容液。
美白に効果があるとされているのが、ハイドロキノン、シムホワイト377、ビタミンC誘導体です。
その他には、アルブチン、カモミラET、トラネキサム酸、プラセンタなどが美白成分として、
美白美容液に配合されています。

中でも、「究極の美白成分」「美白漂白剤」として注目されているのがハイドロキノンです。
ハイドロキノンはシミに対して効果がとても高いものですが、
酸化しやすく不安定な成分で製品化が難しいという点がありました。
最近では安定化され美容液に配合された製品が販売されています。

ビタミンCは、美白に効果があるとよく知られています。
しかし、ビタミンCは肌に吸収されにくいという性質ももっています。
そのビタミンCを肌に浸透しやすい状態に改良したものが、ビタミンC誘導体なのです。
ビタミンCは肌のキメを整える効果ももっています。

シミのもとになるメラニン色素を作るのはチロシナーゼという酵素ですが、
プラセンタはこの働きを抑制する役目を果します。
プラセンタは美白とともに肌のエイジングもケアしてくれますので、
アンチエイジングとしても適した成分です。

美白美容液を選ぶには、配合成分により自分の肌や年齢にあったものを選ぶといいでしょう。

炭酸パックで効果的に美肌を実現

2~3年前にブームになったコスメの1つに炭酸パックがあります。
一時期ほどではなく、今は少し落ち着いた感がありますが、
炭酸関連コスメは依然として根強い人気を誇っています。

その理由にはやはり炭酸というものが確実に美肌づくりに効果があるということが挙げられると思います。

もともと炭酸は医療の現場で使われており、
それを美容に応用されたのが、炭酸パックを始めとする炭酸コスメです。

ブームになった当時は、
2剤タイプで、ジェルにパウダーを混ぜて炭酸ガスを発泡させる正統派の炭酸パックが主流でした。
その当時は、安価な炭酸パックは海外製のものなどで、
効果の点ではいまひとつだった印象があります。

最近では、一剤タイプの炭酸パックであっても、
効果が実感できる製品も発売されるようになってきました。
また、炭酸ローション(炭酸トリートメント)、炭酸ミスト、炭酸洗顔料など、
炭酸コスメの種類も発売されているメーカーも増えてきましたので、
炭酸コスメを有効に利用するという点では、以前より選択肢が増えたと思います。

またそのような炭酸コスメは、日頃忙しくてなかなかゆっくりと
二剤タイプの炭酸パックを利用しにくいという方には良いと思います。

炭酸パックは手作りもできますが、
おすすめはやはりコスメブランドの炭酸パックです。
安い炭酸パックも発売されていますので、効果を考えるとこちらの方がおすすめです。