Latest Posts

「恋愛」の相手を探すチャンス

だから、必ずしも、一般的な美の傾向と対策ばかり気にすることもない。それとは別に、個別の価値基準というのもあって、ありのままのキミをいいと思ってくれる女配だって、この広い世界には必ずいるはず。だから問題は、自分に価値を置いてくれる人といかにして出会うのか、ということだろう。そしてそのためのまめな努力が問われている。
キミがあまりモテない容姿の男だったとしても自分自身の心身を磨くことで、また現代ならではのツ ルを用いることで、「恋愛」の相手を探すチャンスは大きく広がる整形などの医学的な技術に航らないでもできることは十分ある顔が悪いから力ノジョができないとしているのは自分で勝手にあきらめているにすぎない。
それは結局のところ、運命のせいにして汗を流さなまけものだということだ。
結婚前にで、相性ピッタリの相手を見つければ結婚生活の苦労はもっと減るだろう。

それが男の持っているべき「恋愛資源」けれど、いまの日本の女性にとって、釣りは、さほど男の魅力つまり、どこででも通用する「恋愛資源」があるわけでもなく、また、誰にとっても重要な「恋愛資源」があるわけでもない。なので、ここでは駅慌の日本で、 つ艇郎にそうだと考えられる「配釦意外かもしれないが、一つには学膨があげられる 「お釣」に釈艇なんて駅係ない!とはよく聞く言葉だけど、はたしてそうか。学歴が関係ない「恋愛」も多いが、「恋愛」において学歴が一つの魅力になることだってふつうにある。学歴なんて社会では役に立たない、というのはひがんだ人間のいうことで、実際には数学の力は人生のいろいろな場面で役に立つし、歴史や政治を知っていることで社
会の流れを見る力も養われる。
EH142 参考記事:

出会いにネット

顔を変える前にも、まだ打つ手はある。たで食う虫も好きずき、ということわざがあるように、人の晴好は実に多様で、この広い世界には、どんなタイプの人聞にも、たいてい、それを好む人がいるもの。みんな、人気俳優のような顔かたちの人が好きなわけではない。一般的な傾向、モテ筋があるのは間違いないけど、人の好みの幅は広いし、もっとマイナーな趣味噌好の人は確実に存在している。そこがこの世の中の面白いところだ。
夫婦間で問題が出たとき、複雑であればあるほど解決に時間が掛かります。そうならない為にも、ここで→相性が合う素敵な結婚相手を見つけましょう。

たとえば、インターネット上には、太った女性を好む人たちのサイトがあると聞いたことがある。痩せていなければならないと思い込んでいる女性は多いが、中にはふくよかな体型、もっといえばデブの女性を好む男性だっていないわけではない。もちろん、多くが人気女優になるような女性のタイプを求めている傾向はあるだろうけど、しかしそれでも、太った女性や美人ではないタイプが好きだという男たちも目立たないながら存在する。男性に関しても、顔立ちが端正でなくても、無骨な造りだからこそ船がを感じるといういお航もいるだろう。世の中には粧舵取りのような体型がタイプだという女性もいれば、自分の親くらいの年齢の男性が好きだという女の子もいる!
つい最近までは、そういうマニアックな趣味を持った相手を、自分の生活圏で探すのは困難だった。しかし今日ではインターネットがある。インターネットの機能によって、より広いところで探査すれば、マイノリティと出会うことが可能な時代になっているのだ。一本釣りではむずかしくとも、大きく網をかければ魚がひっかかってこないことはない(出会いにネットを導入することは、一本釣りから底引き網漁に転身
するくらいの大転換だだいてんかん)。
EF023
参考記事:

恋愛のための整形

ぼくの学生時代の友人に、性格が暗くて、友だちづき合いも苦手で、何事に関しても消極的な女性がいた。見た目もあか抜けなくて、はっきりいって美人とはいいがたかったが、本人もそれをひどくコンプレックスに思っているらしく、男性だんせいとはなかなかうちとけなかった。社会に出てから、その彼女かのじよに道でばったり会って声をかけられたことがある。すっかりオシャレな美人になっていたので、最初誰さいしよだれだかわからず、話をしているうちに、彼女だということに気づいたほどだった。ぼくは狐につままれたような気分になったのだけど、後日、共通の友人に聞いたところによると、「彼女、好きになった男に、『人を殺しそうな顔をしているね』といわれたのがショックで、整形手術をしたのよ。でも、少し顔に手を入れたら、見違えるようにキレイになって、おかげで性格も以前とは人が変わったように明るく、活発になったの。いまではすごく幸せみたい」。彼女の劇的な変化を見て、自分の顔に対するコンプレックスでうじうじしていて、それが人生をひどく不幸にしているのなら、整形手術を受けるのも悪くないのではないかと思った。幸せになった子供の様子を見れば、親も納得するだろう。
もし、ここで→出会った相性が合う人と結婚しても仲が悪くなったらここを思い出してください。

ただし、そうした手術をからだが未成熟の段階で受けることは、発育に悪影響を与えるケlスもあるようなので、注意したほ-つがいい。
整形は、自分自身が大人になって、自分の人生を自分で生きられるようになったとき、自立した人間の選択としてするのが適当だろう。
049 参考記事:

恋愛対象の魅力

典型的な美形だと錯覚するほどすごく格好よく見えないか。それは彼の鍛え上げられた肉体から発する全体的な魅力のせいだろう。また、彼の仕事の実績や、内面的な充実や自信もそこに反映されているのかもしれない。顔は生まれ持ったものでも、からだを作ることで全体的なイメージを向上させることができるし、社会的な地位や精神的な成熟といったものが、そこはかとなく外見を底上げすることもある。ようするに、宮えられない外形はあるにしても、努力である程度のことはカバーできる、ということだ。
夫婦間で問題が発生したら、このように解決までは精神的にも肉体的にも大変ですので、で、相性ピッタリの結婚相手を見つけましょう。

前にも書いたが、ちょっと引いてみれば、個々の人間の差なんてじゃがいも一つ一つの違い程ちがていど度でしかないのだから、足りないところを他で補えば十分通用するのである。
「恋愛」するには困てみたい、あるという人もいるだろう。親からもらった身体の製作が、一世紀の美意識からまったくかけ離れてしまっている鉱山恥だ。もちろいるわけではないから「恋愛」に恵まれない現実を他のことに充実を見いだすのも考え方。だけど、どうしても一つの配仰として整形苧織を受ける人は「恋愛」にのみ生きてというのであれば医療技術いりょうぎじゅっの進歩は、人間の幸福を増すために求められてきた。かつてだったら死を待つしかなかった病も、そうした願いによって、いまでは完治することが可能になっている例もある。あるいは、昔なら男性が女性の外形になったり、その逆を求めることは不可能だったが、いまはそれが「性同一性障害」だと認められれば、性転換の手術を受けることができる。また日本でも手術後に戸籍の性別を変更することも認められるようになった。そう考えれば、整形がその人をより幸せにするのなら、絶対ぜったいにしてはいけないことではないだろう。
049 参考記事:

恋愛の価値観

生まれ育った土地で勝負しようと思うなら、そこでの価値観に合わせる努力をすればいい。だからこそ、みんなファッションについて気にしたり、できるだけそのときの流行を追いかけようとしたりする。それは、その場所での美に近づこうとする高みだ。おしゃれをするのは、そのときどきでいちばんモテる肺般を着ること、かもしれない。もし、キミがが中生 艇のお配に える格好をしたいのならば、流行っている服を身につけることがいちばん望ましいだろう(ただし、それがキミが好きになった人に効果があるかどうかはわからない。あくまでも、他人に気に入られる可能性を高める、という話にすぎない)。
仕事もいいけど、人生設計もしっかり考えて、ここで→素敵な出会いを見つけてください。

けれど、服装はいまの美の価値基準をなぞることができても、生身の肉体は容易にはそれに合わせられない。背丈や骨格などは生まれついたもので、努力ではどうにもならないところがある。が、生身の肉体だって、努力である程度のところまで補える。
日本の一般的な傾向でいえば、男の場合、やはり、スポーツマンの身体は女性に受けがいいだろう。どんなに背が低くても、足が短くても、鍛えられた身体にはどこか精惇さが漂うし、肉体を鍛錬してきた努力に対する評価も加味される。当然、ポイントはアップ。また今日では、男性のひきしまった体型を好む女性は多い。だから、顔に自身がなくても、とりあえず、からだを運動で作り上げることは、「恋愛」の入り口を広げるための一つの戦術ではある(反対に、すごく飴しい国では、からだに脂膨がついているのは金持ちのしるしだから、デブがモテる、というケ通用するわけではない)。
スだつであるようだ。スポーツマンがどこの社会でも考えてみれば、主かたひでとしせんしゅじょせいあこがたいしようサッカーの中田英寿選手は、女性の憧れの対象にもなっているけど、よく見るといわゆる目鼻立ちが整ったハンサムとはいえない(失礼)。
EC198_L 参考記事:

恋愛対象の美

よく歴史の教科書に載っている、昔の女性を揃いた絵を見てみるといい。平安仰ではうりざね顔というのかしもぶくれの女性たちが拙かれることが多かった。それはその時代、そうした顔の形が美人の条件だったからだ(やっぱり、形に残しておきたいのは美しいと思う人の姿だろう)。いまだったら「プス」と呼ばれてしまいかねない彼女かのじよたちが、その時代にはすごくモテていたのだろうし、そうした姿形が男性の性的欲情を誘ったと考えるのが、妥当。
新しい出会いがで、あったらここで紹介したことを気にしてみてください。

現在だって、ところが変われば美の基準、つまり相手を魅了する容姿のタイプは異なってくる。以前ぜんぼくがインタビューしたことがある女性は、日本人としては美人の部類に入るほうではなく、スタイル一般的な意味でよいとされるものではなかった。本人はそのことをよく自覚していて、そうした自分が通用する国があることを、あるとき知ったという。旅行で行った某国では、彼女のような出った形をしたお尻を持つ女性が魅力的とされ、日本では鳴かず飛ばずだった彼女かのじよが、そこでは男たちからお姫様のようなあっかいを受けたとのこと。「年をとってまったく日本で通用しなくなったら、その国に住もうと思うの!」。そのように考えると、美人、ハンサムというのも流行りものと同じで、ある時ある場所で人気のある顔立ちゃスタイルの人、ということでしかない。日本では比較的、体毛の濃い男性は女性に好まれないけど、男に胸毛がなければちっともセクシーじゃない!となげく女性の多い国もある。その土地土地での好みがあるとしたら、世界中を行き来すればいいし、移住もできる現代なら、一つの国のモノサシに固執することもない。自分に有利な場所を求めて広い海原へ飛び出していくのもよし。
EC199_L
参考記事:

恋愛において大事なことが、見た目

そしてそれがおもに視覚という外見からの情報によって区別されることを考えれば、「であることははっきりしている。全部が全部とはいわないが、ほとんどの人にとっては最初に性別がありきで、つぎに年齢、外見の造作:::というよ
たちで、その相手が自分の「恋愛」や性愛の対象になるかどうかが取捨選択されていく。いいかえると、「恋愛」やセックスにおける好み、タイプというのは、性別の上に、年齢やらルックスやら性格らその他の属性などがトッピングされた「イメジ」なのだ。
だから、見た目が「恋愛」の第一関門として存在することは明らかだろう。好みがいわゆる美人であろうがなかろうが、「恋」する心に外見が関わらない人はいない。
コミュニケーションがうまくいかない夫婦はこのように関係修復に時間と手間がかかりますので、で相性がピッタリの相手と出会えば夫婦間の問題は起こりにくいか、起こっても解決はこんなに大変ではないでしょう。

だいたい、性格とか能力というのはすぐにはわかりにくく、見て、キレイだなあと意識したり、タイプだなあと思うところからある意味で、容姿からの思い込みこそ「恋愛」だ。や本を買うときだって、最初から中身を知っていることは稀で、とりあえずはパッケージや装丁にひかれると恋もほとんどはパッケージ買いだ。
では、外見がいわゆる美山美 でなければ「必愛」はできないのか。キミはもしかしたら自分の顔に自信がないかもしれない。なら、そういう人は「恋愛」に縁がないのだろうか。
まず押さえておかなければならないことは、「モテる/モテない」といった美の師値観は時代や社会によって大きく異なるということ。
EC200_L

恋愛の対象

このことが何を意味しているのかというと、人はフェロモンのような物質で性的にひかれるのではなく、自分の視覚や聴覚で相手を男と女にか寂して、その上で「恋安」の対象にしているということ。それも鮫京総のうちに、だ。みんな誰かを見たときに、一瞬でその人を男か女に分けてとらえることをやっている。
だからこそ、ぼくの友人のように、相手の性染色体が女性である でなくとも、せいてんかんしゅじゅつぜいベって ごうしゅじゅっ性転換手術(いまは性別適合手術といわれることが多い)を受けていなくても、その-だせいてきよ〈ぼう「女性」に好意を抱くことも、性的な欲望をふくらませることもできるわけだ。
コミュニケーションは大切です。←で、出会った結婚相手であってもコミュニケーションが出来ていないと幸せな時間は長くは続きません。

かれかのじよぜいせんしよ〈たいだんせいに、もし、彼が「彼女」の性染色体が という男性本来のものだと知っても、「彼女」のことを女性だと思えるのならば、その「恋」はどうなっていたかわからない正確にいえば、キミは女性に恋する、のではなく、女性だと思った相手に恋していることになる。誰も、相手の性染色体や服で隠されている性器の性別を調べてから「恋」するわけではない(そんなことしたら変態だと非難される!)。勝手に相手の性別を女だ男だと思い込んで、「恋」に陥るのだ。それは相手が の「女性」(実際にじっさいかれは、彼の気持ちが引いてしまったみたいだけど)。
ハlフ( )の「女性」であってもいっしょ。
生物としての物質の作用があるにしても、
だとすれば、の第一歩は、その性別を意識することからはじまっているといえる。
EH142

恋愛する対象を選別する

もし「恋」が、第一に、人格的な面だけに対する「萌え」なら、キミの胸をときめかす相手がいつも女性ということはないだろう。はずだから。男にも女にも、かえって向性に多かったりもするかもしれない。
いいやつもいれば悪いやつもいる。
なぜなら、人間性に性別は関係ない
よ〈ぼうを抱いたり、性的欲望を感じたりすることはほとんどないだろう。
経験値を上げるにはまず相手がいないとね。ここ→から候補をたくさん探せるよ。

たいしようせんべつ書じゅんせいベつとすると、「恋」する対象を選別する第一の基準は性別だ、ということができる。
え?そんなの当たり前じゃないか、本能的にそうなってるんだ、とキミはいうかもしれない。しかしそれは浅はかな考えだ。他の生物のようにフェロモンという物質がセックスする相手を決めているのならともかく、人聞はおもに外見や声質などから
しゅんじせいべつ んべつこいごころもあ瞬時に相手の性別を判別していて、その上で、「恋心」やエッチな気分を盛り上げて
いく。それは何かの物質の反応というより、意識の働きによると思われる。
この前、友人の男性がタイへ取材に行ったときの話だ。知らずに入った店がたまたかれ
「ああ、この人たちは女性に見えるけど、ニュ ハ フなんだなあ」と思えるが、そ
たらの店で働いている人たちは、ただキレイなだけで、話し方もふつうだつた。だから最
ごじょせいうたがげんち後までただの女性だと疑わなかったという。あとで現地の日本人に、「すごくかわい
い女性ばかりがいて、中のひとりに恋してしまったみたいだ」と相談すると、その人
に「あそこはニュ lハlフの店だよ」といわれてピックリしたとのこと。
EF023

「恋愛」は顔が命だ

そこには自分を制御できなくなるような腿力が秘められている。しかしその反而、非常にわかりやすいゲ ムにもなっ
ている。ゲームの原理は、互いの「恋愛資源」をめぐる欲望だ!
それでは次からは、「必愛」の入りけのところに焦点をしぼって河川を進めていくことにしよう。

ここでいう「顔」とは、「外凡」の象徴としていっ
ているのだが、なんだか身もふたもない話ながら、これはまったくもってμ尖である。
出会いのチャンスはここにあります。→が、そこから先は自分で頑張らなきゃならない。ここを読んでいるあなたなら大丈夫。

よく人は見かけではなく中身だ、とか、見た目で「恋愛」するのではない、とか、あたりのいいことをいう人がいるが、それはやはりキレイごとにすぎない。
こいごこるぜいしん也、給〈どもし、本米、「必心」が人川の粕神の成熟度のようなもので引き起こされるのなら、
官いもれいもかみわけた年配の人たちがもっとモテていいだろう
「あのおばあちゃん、なんて味わい深いものの考え方をしているんだ!俺、萌え萌えだぜ !」とか、「この前話したおじいさん、なんでも知っていて、とってもセクシーなのお」などという訳削伊都都たちの間で高まり、テレビの「恋愛ドラマ」のキャスティングももっと高齢者中心になってしかるべし。世の中の広告のモデルたちも、平均年齢が六十歳を超えて、老人ホ ムは訪問するファンの若
者でごった返したりして:::。
まあ、そんな冗談はともかく、キミが「恋」する対象の性別を考えてみればいい。
向性が好きな人もいれば、両方の性が性愛の対象になる人も少数いるが、キミが好きになる相手は、たいていは身配であるいが ばかりではないだろうか。それは好きになる人がたまたま女性だ、というよりは、キミが女性に「恋」すると
いうセクシュアリティ日性の傾向を持っている、ということだ。
049